種類ごとに特徴が異なる時計のベルト

腕時計のベルトにはさまざまな種類がありますが、軽くて丈夫なバンドが良いなら革バンドを選ぶと良いでしょう。革バンドは色や種類のバリエーションも豊富ですし、最もフォーマルなベルトと言われています。しかし、汗や水分を吸収して脆くなりやすいことや汗の臭いがついてしまうこともあるので注意しましょう。気に入った革バンドを長く使いたいという場合、定期的なメンテナンスを行うことが大切です。また、経年劣化によって千切れてしまうこともあるため、古くなった革バンドはできるだけ早く交換しましょう。しっかりとケアを行うことはもちろん、丁寧に扱うことで高級感のあるバンドになります。どのくらい持つのかは使い方によっても異なりますが、高級な革バンドなら数年は持つでしょう。ちなみに、安い革バンドは牛皮であることが多く、装着時の快適性は低いこともあります。

ステンレスバンドの特徴について

ステンレスバンドは光沢があって非常に丈夫であるという特徴もあります。錆びにくいので長く使うことができますし、磨き方によって光沢を調整することもできます。ステンレスバンドのデメリットとしては重さが挙げられます。重さについてはカタログなどで見てもわかりませんし、実店舗で試着して重すぎないかどうかを確認しましょう。特に機械式腕時計は部品点数が多くて重いため、重さが150gを超えることが多いです。120gを超えると重く感じることが多いですし、できるだけ軽くて快適なベルトを選んだ方が良いでしょう。ステンレスバンは少し重いけれど上部ですし、光沢が綺麗なことも大きなメリットです。しかし、使うごとに細かい傷がつきやすくなりますし、光沢が鈍ってしまうこともあるでしょう。

チタンバンドの特徴について知る

ステンレスは重いので苦手な場合、チタンバンドを選ぶのがおすすめです。チタンはステンレスよりもさらに錆びに強いですし、汗や汚れなども気になりません。もちろんその分値段は高いのですが、軽い金属バンドを求めるならチタンを選ぶのが最高です。チタンはステンレスよりも優れている素材なのですが、ラインナップはあまり多くありません。光沢や美しさではステンレスの方が優れていますし、腕時計には見栄えの良いステンレスが多く使われているということです。チタンは軽さを求める人はもちろん、金属アレルギーが心配な人にもおすすめです。肌に優しい金属なので安心して身に着けることができるでしょう。チタンはステンレスよりも傷がつきやすいというイメージもっている人もいるかもしれません。しかし、実際にはほとんど変わりません。

150人以上の技術者・職人たちの手により時計ベルトが製造されています。 カミーユ・フォルネは卓越した染色技術で女性向けのカラフルなベルトも作っています。 当社のこだわりは、一級品とよばれる素材を手作業で製造することです。 全ての工程を手作業で丁寧に行い皮革製品を作っています。 カミーユ・フォルネの革製品は伊勢丹新宿店や日本橋三越本店などにCFコーナーがございます。 時計のベルトをご購入の方へ